コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射顕微鏡 はんしゃけんびきょうreflecting microscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反射顕微鏡
はんしゃけんびきょう
reflecting microscope

不透明な鉱石などの表面を反射光で観察する顕微鏡。顕微鏡光軸に垂直に設けられた光源からの光を集光系を通したのち,顕微鏡光軸上に 45°傾けて置いたガラス (あるいは半透鏡) または鏡 (もしくはプリズム) によって試料の平滑面を照明し,その反射光によって観察測定する。金属顕微鏡鉱石顕微鏡に分けられる。透過顕微鏡に付属装置として垂直落射照明装置をつけて反射顕微鏡の機能をもたせることもできる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

反射顕微鏡【はんしゃけんびきょう】

鉱石顕微鏡,金属顕微鏡とも。鉱石や不透明鉱物を調べる顕微鏡。偏光顕微鏡対物レンズの上にニコルプリズム(偏光顕微鏡の下方ニコルに相当)とプリズムを備えた垂直投光器をつけたもの。光は垂直投光器のニコルを通って入り,プリズムで鉛直に向かい載物台上の研磨片で反射し,再び鏡筒を上に進んで,プリズム,上方ニコルを通り目に達する。偏光顕微鏡の下方ニコルは不要。両ニコルの偏光面は互いに直角。投光器のニコルだけを用いて反射色,多色性などを観察し,直交ニコルで光学的異方性などを調べる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android