コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱石顕微鏡 こうせきけんびきょう ore microscope

2件 の用語解説(鉱石顕微鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱石顕微鏡
こうせきけんびきょう
ore microscope

反射顕微鏡の一種で,鉱石類の研磨片を反射光線を用いて観察する。偏光装置があり,回転載物台を備えている。顕微鏡下では薬液に対する変化の観察も必要なので,正立型が有利である。偏光顕微鏡の付属装置として併用することもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉱石顕微鏡
こうせきけんびきょう

岩石や鉱石中の不透明な鉱物を観察するための顕微鏡。反射顕微鏡の一種。不透明鉱物は透過光では観察できないため、試料を鏡面のように磨き上げたもの(これを研摩片という)に上から光を当て、その反射光によって観察する。鉱石顕微鏡では光を横から鏡筒内に導き、プリズムによって直角に曲げ試料上に落射させる。反射光は普通の顕微鏡と同じように鏡筒内を上方に通過して観察される。また、この顕微鏡には次の三つの特殊装置が付属している。一つは十字線を張った接眼鏡、もう一つは光源から試料の研摩面までの光路に1個と、試料面から目までの間に1個の計2個1対の偏光子(へんこうし)(ポーラー)であり、第三のものは顕微鏡の軸を中心として360度回転できる載物台である。二つの偏光子は振動の方向を互いに直角にしておく。第一の偏光子のみを用いて試料を回転しながら観察すると、落射光に対する多色性がみられ、さらに第二の偏光子を加えると、消光現象などの異方性が観察できる。鉱石顕微鏡はこのほかにも鉱石の組織、鉱物の反射能、内部反射などの観察や硬度の測定にも用いられる。なお、金属顕微鏡も反射顕微鏡の一種であるが、これは偏光子や回転載物台を備えていない。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱石顕微鏡の関連キーワード金属顕微鏡光学顕微鏡ゼルニケ鉱物顕微鏡正反射赤外線顕微鏡走査型透過電子顕微鏡反射型顕微鏡反射光学系冷凍顕微鏡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone