コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反復性腹痛(反復性臍疝痛) はんぷくせいふくつうはんぷくせいさいせんつう Recurrent Abdominal Pain

1件 の用語解説(反復性腹痛(反復性臍疝痛)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はんぷくせいふくつうはんぷくせいさいせんつう【反復性腹痛(反復性臍疝痛) Recurrent Abdominal Pain】

[どんな病気か]
 子どもは、しばしば、くり返す腹痛を訴えます。2歳以下の小さな子どもの場合、急性胃腸炎などのからだの病気が腹痛の原因として見つかることが多いのですが、幼稚園児、学童の場合は、からだの病気がないことが少なくありません。突然おなかの痛みが出現し、自然に治り、また出現することをくり返していても特別な基礎疾患がないものを反復性腹痛と呼びます。また、この腹痛はおへそ(臍(さい))の周辺に多いことから、反復性臍疝痛(はんぷくせいさいせんつう)とも呼ばれます。
[症状]
 腹痛の持続時間は、数分から数時間にわたることがあり、顔面蒼白(がんめんそうはく)、頭痛、吐(は)き気(け)をともなうこともあります。腹痛がないときは、元気で、腹痛を重ねるごとに症状が強くなりますが、病気が重くなるような印象はありません。夢中になって遊んでいるときは訴えが少なく、入眠後に腹痛で目が覚めることは、ふつうありません。また、週末や長い休みに入ると訴えが減る傾向がみられることもあります。
 神経質な子どもや神経質な家庭で育っている子どもにおこりやすく、ストレスが神経系にはたらきかけて腹痛を感じさせていると考えられます。
[治療]
 特別な治療は必要ではありませんが、ストレス、不安などのもとを取り除き、安定した、明るい生活をさせることが、治療になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

反復性腹痛(反復性臍疝痛)の関連キーワードシドン怪しばむ暫ししばしばしばしば目石階しば・く屡見るFacilities

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone