コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反応拡散方程式 はんのうかくさんほうていしきreaction‐diffusion equation

知恵蔵の解説

反応拡散方程式

自然界の現象を解明するために考案された偏微分方程式。1952年にチューリング(A.M.Turing)によって形態形成の数理モデルとして用いられ注目された。物質の非線形な反応と物質の拡散が相互に関係し、多用なパターンが現れる。シマウマ縞模様、ヒョウの網目、カエルの斑点などの形成の説明に適用されている。

(桂利行 東京大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android