コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叔英宗播 しゅくえい そうばん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

叔英宗播 しゅくえい-そうばん

?-1441 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。太清宗渭(たいせい-そうい)の法をつぐ。将軍足利義持(よしもち)の信任をうけ,相国寺,建仁寺,南禅寺の住持となる。義堂周信(ぎどう-しゅうしん),絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)に学芸をまなび,文筆にすぐれた。嘉吉(かきつ)元年9月19日死去。播磨(はりま)(兵庫県)出身。別号に交蘆道人。著作に「五灯会元抄」,編著に「禅林曇華集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

叔英宗播の関連キーワード室町時代益之宗箴季瓊真蘂臨済

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android