コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取締規定 とりしまりきてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取締規定
とりしまりきてい

特定の行為や状態の発生を防止するために定められた規定。法学上,効力規定に対する概念。私人に対して一定の行為を制限または禁止する規定で,警察法規がその例である。公共の安全,秩序の維持をはかることを目的とするから,その違反に対しては制裁を加えたり,現状回復などの措置を講じたりするが,その制限禁止に違反してなされた法律行為効力には, 原則として影響を及ぼさない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とりしまりきてい【取締規定】

行政上の取締りの目的により一定の行為を禁止する規定。交通取締法規,経済統制法規などがその例である。取締規定の中には,それに違反する行為について,単にその行為を処罰するだけのもの(狭義の取締規定)と,さらにその行為の私法上の効力をも否定するもの(効力規定)がある。具体的規定について,それがどちらに属するかを判別することは必ずしも容易ではない。ただ取締規定という場合,原則として狭義の取締規定であり,例外として,私法上の効力をも否定しなければ行政取締りの目的を達成できないような場合に違反行為の無効をも生ぜしめる規定と解するべきである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の取締規定の言及

【効力規定】より

…その行為をなした当事者の意思にかかわらず行為の効力を否認するものである点で,一般には強行規定(強行法規)でもある。効力規定と対立する概念としては,取締規定および訓示規定がある。また,効力規定が強行規定でもある限りでは任意規定とも対立する。…

※「取締規定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

取締規定の関連キーワード船舶安全法交通警察就業規則海上労働選挙犯罪禁止規定出版条例命令規範薬事法麻薬

取締規定の関連情報