コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受禅 ジュゼン

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐ぜん【受禅】

[名](スル)《「禅」は天子が位を譲る意》先帝から帝位を譲られて即位すること。→禅譲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅぜん【受禅】

( 名 ) スル
〔「禅」はゆずる意〕
先帝の譲位を受けて帝位につくこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の受禅の言及

【践祚】より

…しかし平安時代以降,践祚と即位が別個の儀礼となる一方,譲位が常例化するにともない,おもに先帝の没後をうけた場合に践祚の語を用いるようになった。なお,皇位を譲りうけることを受禅(禅は譲と同義)という。践祚と即位が未分離の時代の皇位継承の儀礼は,中臣の寿詞(よごと)奏上と忌部の神璽(しんじ)の鏡剣の奉上および即位の宣命の宣読をおもな内容とした。…

※「受禅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

受禅の関連キーワード慌てる・周章てる晋[魏晋南北朝]魏[三国時代]中御門天皇土御門天皇後水尾天皇藤原実資藤原忠実白河天皇足利義嗣明正天皇桃園天皇東山天皇仁孝天皇誠仁親王仲恭天皇六条天皇続史愚抄朱雀天皇称光天皇

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android