コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受禅(読み)ジュゼン

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐ぜん【受禅】

[名](スル)《「禅」は天子が位を譲る意》先帝から帝位を譲られて即位すること。→禅譲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅぜん【受禅】

( 名 ) スル
〔「禅」はゆずる意〕
先帝の譲位を受けて帝位につくこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の受禅の言及

【践祚】より

…しかし平安時代以降,践祚と即位が別個の儀礼となる一方,譲位が常例化するにともない,おもに先帝の没後をうけた場合に践祚の語を用いるようになった。なお,皇位を譲りうけることを受禅(禅は譲と同義)という。践祚と即位が未分離の時代の皇位継承の儀礼は,中臣の寿詞(よごと)奏上と忌部の神璽(しんじ)の鏡剣の奉上および即位の宣命の宣読をおもな内容とした。…

※「受禅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android