コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゅvedanā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


じゅ
vedanā

仏教用語。初期仏教の重要な教理である十二縁起 (→十二因縁 ) の第7番目の項目。また,五蘊の第2。意識に与えられた印象を感じ取ることをいう。これを内容的に分析して,二受,三受,五受などに分ける場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅ【受】

仏語。
十二因縁の一。幼少年期の、苦・楽などを知覚する位。
五蘊(ごうん)の一。外界のものを受け入れる心のはたらき。

じゅ【受】[漢字項目]

[音]ジュ(慣) [訓]うける うかる
学習漢字]3年
うけとる。うけ入れる。うける。「受験受賞受信受諾受注受容受領受話器甘受享受授受納受拝受傍受
[名のり]うく・うけ・おさ・しげ・つぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅ【受】

〘仏〙 五蘊ごうん・十二因縁の一。六根を通して、主観のうえに感受すること。外界から受ける印象的感覚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

受の関連キーワード京都府福知山市大江町天田内先渡取引(フォワード取引)インカーネーション棒受け網・棒受網正味収入保険料終身保障プラン再保険専門会社正味支払保険金豊宇気毘売神自己指図手形不受不施派任意再保険元受保険料豊受大神宮取引猶予金摂受折伏バリサン現物取引元受会社定期取引

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受の関連情報