受筒(読み)うけづつ

精選版 日本国語大辞典「受筒」の解説

うけ‐づつ【受筒】

〘名〙
軍陣指物(さしもの)の棹(さお)をさしこむ細長い。背面中央、または右の後腰(うしろごし)に付ける。
※雑兵物語(1683頃)上「請筒につっぱめべい」
② 女性の陰部への連想から、転じて、情婦
歌舞伎殿下茶屋聚(1781)四幕「『さっきにからの様子を見るに、此の女は権太どのの』『アイ、受け筒でござんす』」
生け花で、花をいける円筒

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android