コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受難節 じゅなんせつPassionis tempus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受難節
じゅなんせつ
Passionis tempus

カトリック典礼暦上の時期。復活祭までの2週間,つまり四旬節第5の日曜日である救世主御受難の主日から聖土曜日までをいう。特に第2週目は大週 hebdomada majorと呼ばれる。信徒は十字架上のキリストの苦しみを思い起し,痛悔と贖罪の苦業を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の受難節の言及

【四旬節】より

…キリスト教教会暦の中に起こった最初の典礼季節。日本では,教会によって受難節,大斎,復活前期,レントなどとも呼ばれている。復活祭を迎える準備として,とくに洗礼志願者のためを考慮して選ばれた朗読個所が定着することによって固有な典礼季節となる。…

※「受難節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

受難節の関連キーワードグロリア祭服

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android