受難節(読み)じゅなんせつ(英語表記)Passionis tempus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受難節
じゅなんせつ
Passionis tempus

カトリック典礼暦上の時期。復活祭までの2週間,つまり四旬節第5の日曜日である救世主御受難の主日から聖土曜日までをいう。特に第2週目は大週 hebdomada majorと呼ばれる。信徒は十字架上のキリストの苦しみを思い起し,痛悔贖罪苦業を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅなん‐せつ【受難節】

〘名〙 キリスト教の教会暦における復活祭の前の一週間、聖月曜日から聖土曜日までの称。受難週。聖週。受苦節。《季・春》
※甲子園(1972)〈阿波野青畝〉「腰架の角ならびたり受難節」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の受難節の言及

【四旬節】より

…キリスト教教会暦の中に起こった最初の典礼季節。日本では,教会によって受難節,大斎,復活前期,レントなどとも呼ばれている。復活祭を迎える準備として,とくに洗礼志願者のためを考慮して選ばれた朗読個所が定着することによって固有な典礼季節となる。…

※「受難節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android