口唇癌(読み)こうしんがん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口唇癌
こうしんがん

口唇に発生する癌腫(がんしゅ)で、口腔(こうくう)癌の一種である。白人に比較的多くみられ、日本人にはきわめて少ない。上唇より下唇に発生することが多く、性差では女性より男性に多い。口唇癌の特徴としてパイプたばこ、紫外線などが誘因とされているが、人種的素因も考えられる。悪性度が低いことが多く、転移も舌癌などと比べると格段に少ない。外科的切除の成績もよく、放射線にもよく反応することから放射線療法が行われ、予後は比較的良好である。[池内 忍]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の口唇癌の言及

【唇】より

…原因は明らかでないが,発熱や消化器障害の場合にできやすい。口唇癌は,白色人種には比較的多くみられるが,日本人ではきわめて少ない。大部分が下唇に生じる。…

※「口唇癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android