コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投壺 トウコ

3件 の用語解説(投壺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐こ【投×壺】

太鼓の胴の形をした壺(つぼ)へ矢を投げ入れ、勝負を争う遊び。中国周代に宴会の興として始まり、奈良時代に日本に伝わった。江戸時代、天明・寛政(1781~1801)のころ流行。つぼうち。つぼなげ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

投壺【とうこ】

〈つぼうち〉とも。壺(つぼ)の中に矢を投げ入れて,入った矢の数を競う遊戯。壺は口の直径が約15cm以下,左右に耳があるもので,12本の矢を用いる。投げる距離は用いる矢の2倍半。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうこ【投壺 tóu hú】

中国古代の宴席での遊戯。一つの壺に主客が交互に矢を投げ入れ,入った矢の数の多少で勝負を決する。その道具も投壺という。《礼記(らいき)》投壺篇には,その公式のやり方が記されている。それによると,投げ手から壺までの距離は矢2本半,矢の長さは室内,堂上,庭などの場所によって異なる。壺の中には小豆を入れて,矢が跳び出さないようにした。競技は1回に交互に4本の矢を投げ,それを3回繰り返し,負けた者は罰酒を飲む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の投壺の言及

【壺】より

甕(かめ)【佐原 眞】 日本では土器,陶磁器が主であったが,金属・ガラス・木製の壺も伝えられている。正倉院宝物中には狩猟文をあらわした広口無頸の銀壺,細頸に円筒形の耳をもつ鋳銅鍍金の投壺(とうこ)がある。ガラスでは文禰麻呂(ふみのねまろ)の墓(奈良県宇陀郡榛原町)から緑色の瑠璃壺(骨壺)が出土しており,ほかに舎利容器にもガラス製小壺が用いられている。…

※「投壺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

投壺の関連キーワード古銅五服三史主客蒼梧孟月の宴壺焼額賀氏を巡る宴席問題池田温佐藤武敏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

投壺の関連情報