コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古人の糟粕 コジンノソウハク

2件 の用語解説(古人の糟粕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

古人(こじん)の糟粕(そうはく)

《「荘子」天道から。「糟粕」は酒かすの意》聖人の残した言葉や文章。聖人の道は言葉で伝え尽くすことはできず、書物に残された聖人の言葉は酒かすのようなものであるということ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こじんのそうはく【古人の糟粕】

〔荘子 天道「君之所読者、古人之糟魄已矣」による。「魄」は「粕」に通ずる〕
聖賢の残した言葉や著書の意。聖人の道は言語や文章で表すことはできない。書物に残っている聖人の言はその糟粕かすのようなものにすぎないということ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone