コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音通 オンツウ

デジタル大辞泉の解説

おん‐つう【音通】

五十音図の同行または同段の音と音が転換する現象。「たけぼうき」と「たかぼうき」、「ぬかご」と「むかご」の類。
漢字で、同一字音を通用すること。「寤(ご)」を「」に通用する類。
俳句で、五十音図の同行または同段の音が句の切れ目で重なること。「古池やかはづとびこむみづの音」で、「や」と「か」、「む」と「み」の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

音通

正式社名「株式会社音通」。英文社名「Ontsu Co., Ltd.」。小売業。昭和56年(1981)設立。平成18年(2006)持株会社に移行。本社は大阪府吹田市垂水町。発祥はレコード販売・レンタル業。食料品・生活雑貨販売やカラオケ機器販売・スポーツクラブ運営などを子会社により行う。主力は100円ショップ「FLET'S」などのフランチャイズチェーン展開。東京証券取引所第2部上場。証券コード7647。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

おんつう【音通】

相通そうつう」に同じ。
二つ以上の漢字で、字音が共通のため相互に代用されること。
俳諧で、句の切れ目に五十音図の同列または同行の音が続けて使われること。「古池やかはづ飛び込む水の音」の「や」と「か」、「む」と「み」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

音通の関連キーワードサンヨーハウジング名古屋端午の節供倭の五王大服茶洒落字音俳諧牢人師走義弘同列啄評投下相通