コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今節 コキンブシ

大辞林 第三版の解説

こきんぶし【古今節】

元禄(1688~1704)頃、上方の歌舞伎役者、古今新左衛門が歌い始めた曲風。小歌・万歳・口説くどき・歌念仏・浄瑠璃にわたる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古今節の関連キーワード古今宇平次江戸時代隅田川物歌念仏浄瑠璃小歌口説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android