古今節(読み)こきんぶし

精選版 日本国語大辞典「古今節」の解説

こきん‐ぶし【古今節】

〘名〙 近世歌謡の一種。元祿・宝永(一六八八‐一七一一)ごろ、俳優古今新左衛門が歌舞伎芝居の中で歌いはじめた小歌。馬子唄や流行歌にすぐれ、世に流行したが、享保末には衰えた。ここんぶし。
※歌謡・はやり歌古今集(1699)序「下手の横好き、滅多に歌ふが可笑(をか)しいかして、古今節(コキンブシ)と名ざし給はる事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「古今節」の解説

こきん‐ぶし【古今節】

江戸時代の流行歌。元禄(1688~1704)のころ上方の歌舞伎役者古今新左衛門が歌舞伎狂言の中で歌いはじめたもの。「落葉集」などに歌詞が伝わる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android