コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古処山城 こしょさんじょう

1件 の用語解説(古処山城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

こしょさんじょう【古処山城】

福岡県朝倉市野鳥にあった城で、1203年(建仁3)、秋月氏の先祖である原田種雄(たねお)が築城し、秋月氏の本拠地となった。1557年(弘治3)、大友氏による猛攻により陥落し、城主秋月文種(ふみたね)は自害、次男秋月種実は毛利元就(もうりもとなり)のもとへ落ち延びた。その後は大友氏が城を守っていたが、数年後に秋月種実は城を取り戻し、12郡36万石を治める大名となり、最盛期を迎える。1587年(天正15)、豊臣秀吉による九州征伐に敗れ、秋月氏は日向(ひゅうが)国高鍋3万石に移され廃城。1623年(元和9)には黒田氏が秋月5万石を所領し、古処山城の麓に秋月陣屋を築いた。甘木鉄道甘木駅から秋月行バス20分で郷土館入口下車、徒歩5分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古処山城の言及

【古処山】より

…樹齢500年以上のツゲの原始林(特天)がある。中世には秋月氏が古処山城を築き,修験道の道場としても栄えた。南西麓に旧城下町秋月(甘木市)がある。…

※「古処山城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古処山城の関連キーワード甘木小石原朝倉市朝倉山木の丸殿朝倉橘広庭宮原鶴千代の花雪の里サイタホールディングス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古処山城の関連情報