コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

執権政治 しっけんせいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

執権政治
しっけんせいじ

鎌倉時代,執権北条氏が幕府の実権を握り幕政を左右した体制。源頼朝の死後,北条時政は娘の政子とともに実権の掌握を意図し,将軍頼家の外祖父比企能員を建仁3 (1203) 年に滅亡させ,実朝を将軍として,政所別当となったが,嫡子義時と対立して元久2 (05) 年失脚した。これに代って義時が政所別当となり,建保1 (13) 年には和田義盛を滅ぼして侍所別当をも兼任し幕府の実権を握った。同7年,実朝が暗殺されて源氏の正統が絶え,承久の乱 (21) にも圧倒的勝利を収めると,北条氏の執権としての地位は安定し,強化された。義時の死後,執権職は嫡子の泰時が継ぎ,以後執権職は北条氏によって世襲されるようになった。泰時は,執権の補佐役として連署の制を始め,嘉禄1 (25) 年には評定衆を新設して,重要政務を評議させ,貞永1 (32) 年,『御成敗式目』を制定し,執権政治の基礎を固めた。泰時の死後,執権職は経時が引継ぎ,経時がわずか4年で病死したのち,時頼が跡を継いだが,この動揺に乗じて名越光時などによってクーデターが企てられた。しかし時頼は渋谷氏一族の支持によって権力闘争にうちかち執権政治は全盛期を迎えた。時頼は,幕府中枢機関を北条氏の嫡統の当主である得宗 (とくそう) を中心とする北条氏一門で独占することを意図した。そのため,執権政治の基本であった集団指導制,合議制は有名無実となり,執権政治は次第に得宗専制政治へと変質していった。文永5 (68) 年時宗が執権になると,得宗専制政治が一層強化され,得宗被官が幕政機関に進出し,幕府の実権を握ることになった。しかし得宗専制政治の強化はこれから除外された外様 (とざま) 御家人層の北条一門に対する反感を呼起し,次第に広範な潜在的反幕勢力が形成されていくこととなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

執権政治【しっけんせいじ】

鎌倉時代,執権北条氏が幕府の実権を掌握した政治体制鎌倉時代を鎌倉殿(将軍)の独裁政治―執権政治―得宗(とくそう)専制政治に区分し,執権政治期は合議制が行われたとみる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しっけんせいじ【執権政治】

鎌倉時代,北条氏が執権の地位によって,幕府の実権を掌握した政治体制。鎌倉幕府の歴史は,その政治形態によって,前期の鎌倉殿(将軍)独裁政治,中期の執権政治,後期の得宗専制政治の3期に区分される。中期の執権政治の特色として,第1に鎌倉殿に代わって執権北条氏が政権を握っていること,第2にその政治の性格は,その前後の時期の独裁・専制とは異なり合議政治であることがあげられる。これらの条件を考慮して,鎌倉殿独裁政治から執権政治への画期を求めると,第1の条件からは1203年(建仁3),第2の条件を満たすならば25年(嘉禄1)ということになり,これらをそれぞれ執権政治の成立・確立の時点と見る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

執権政治
しっけんせいじ

鎌倉時代、北条(ほうじょう)氏が執権の地位によって、幕府の実権を掌握した政治体制。前期の鎌倉殿(かまくらどの)(将軍)独裁政治、後期の得宗(とくそう)専制政治の中間に位置づけられる。1203年(建仁3)北条時政(ときまさ)は源頼家(よりいえ)を廃して実朝(さねとも)を鎌倉殿にたてた際、政所別当(まんどころべっとう)(執権)に就任し、政権を握った。1205年(元久2)時政は実朝を廃して女婿の平賀朝雅(ひらがともまさ)を将軍にたてようとして失敗、義時(よしとき)が執権となってのちは、政子(まさこ)・義時が政権を握った。13年(建保1)義時は侍所(さむらいどころ)別当和田義盛(よしもり)を滅ぼし、政所・侍所別当を兼ね、その後、北条氏は両職を世襲した。19年(承久1)に実朝が殺されると、幕府は摂関家から九条頼経(くじょうよりつね)を迎えたが、政子が実質的な鎌倉殿となり、執権義時がこれを助け、21年の承久(じょうきゅう)の乱でも勝利を収めた。25年(嘉禄1)政子が没してのち、執権北条泰時(やすとき)は執権を2名に増員(うち1名が連署(れんしょ))し、評定衆(ひょうじょうしゅう)を新設して、合議政治を行い、翌26年には頼経が正式に征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)に任命された。
 執権政治には二つの側面がある。第一は、北条氏が執権として行う政治という側面で、その意味では執権政治は1203年に「成立」したといえる。第二は、鎌倉殿独裁政治や得宗専制政治とは異なる合議政治という側面である。この第二の点からみると、政子の時代までの政治は独裁的であり、鎌倉殿独裁政治に含めるのが妥当で、25年の政子の没後、泰時によって合議政治としての執権政治が「確立」されたということができよう。この合議政治は、承久の乱後、安定期を迎えた幕府にふさわしい政治体制で、32年(貞永1)には「御成敗式目(ごせいばいしきもく)」が制定され、裁判の基準が定まり、執権政治は円滑に運営された。
 1246年(寛元4)北条時頼(ときより)が執権となったころから執権政治は変質し始める。時頼は、北条一門の不満分子である名越(なごえ)氏、有力御家人三浦(ごけにんみうら)氏、摂家将軍頼経・頼嗣(よりつぐ)ら反対勢力を次々に排除した。さらに院政を行う上皇(治天(ちてん)の君(きみ))や天皇の決定、摂関の人選をはじめ、朝廷の政治にも干渉した。時頼は執権を退いてのちも得宗として実権を握り、幕府権力の根源は執権よりも得宗に置かれるようになった。幕政の運営も評定衆の評議から、得宗が私的に主宰する「寄合(よりあい)」に移り始めた。これらの点からみて、時頼の時代は得宗専制期に含めるのが正しいが、この時期には専制の対象はとくに朝廷、貴族、寺社に向けられ、御家人に対しては、その支持を得る必要からむしろ保護政策をとった。得宗専制と御家人との対立が顕著となるのは貞時(さだとき)の時代からであり、1285年(弘安8)の霜月(しもつき)騒動はその画期である。[上横手雅敬]
『上横手雅敬著『日本中世政治史研究』(1970・塙書房) ▽上横手雅敬著「鎌倉幕府と公家政権」(『岩波講座 日本歴史5』所収・1975・岩波書店) ▽三浦周行著『日本史の研究 新輯1』(1982・岩波書店) ▽安田元久著『鎌倉執権政治』(教育社歴史新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の執権政治の言及

【得宗】より

…これらは,梶原,比企,和田,三浦などの族滅事件や承久の乱などを契機として北条氏領化したようである。 泰時の政治は,将軍の政務の御代官としての執権の地位に準拠したものであったため,これを執権政治と呼んでいる。執権政治は泰時の孫時頼が,1246年(寛元4)の宮騒動で一門の名越光時らを膺懲(ようちよう)して一門に対する惣領権を確立し,47年(宝治1)の宝治合戦で三浦泰村一族を滅ぼし,49年(建長1)に引付衆を置いたころまで続いた。…

【評定衆】より

…そのメンバーは執権・連署をはじめとする北条氏一門と,大江,二階堂,三善,清原,中原等の吏僚層が大半を占め,ときに三浦,千葉,安達等の有力御家人が選ばれたものの,それは世襲にはいたらなかった。こうして評定制は北条氏の執権政治を支える役割を果たし,49年(建長1)に御家人訴訟を扱う裁判機関として引付衆が置かれると,評定衆と引付衆は一体となって幕府の政治・裁判制度の完成をもたらした。北条氏一門の評定衆は引付衆を兼ね,中でも引付頭人は一門が独占して北条執権体制はここでも貫徹していた。…

※「執権政治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

執権政治の関連情報