コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九州征伐 きゅうしゅうせいばつ

5件 の用語解説(九州征伐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九州征伐
きゅうしゅうせいばつ

天正 15 (1587) 年,豊臣秀吉が九州に遠征し,島津義久を破ってこれを降伏させ,九州全土を平定した戦い。秀吉は全国統一を目指し,天正 12年,小牧・長久手の戦い徳川家康と和し,中央の制覇を実現し,翌 13年,四国征伐を行なって,長宗我部氏を下した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅうしゅう‐せいばつ〔キウシウ‐〕【九州征伐】

天正15年(1587)豊臣秀吉が島津氏を征服した戦い。秀吉は大友・島津両氏の抗争の調停に入り、休戦を拒否した島津義久を倒し、九州全土を支配下におさめた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

九州征伐【きゅうしゅうせいばつ】

1587年豊臣秀吉島津義久(よしひさ)を服属させ,九州を統一するために行った戦役。中国明国への出兵基地として九州を構想していた秀吉は,大友氏を破り筑前(ちくぜん)にまで勢力を拡大し,秀吉の命に従わない島津氏に対し,20万余の大軍を率い,みずから筑前・肥後(ひご)方面から攻撃。
→関連項目飫肥藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうしゅうせいばつ【九州征伐】

1587年(天正15)豊臣秀吉が薩摩島津氏の服属を主目的に九州統一をするため,みずから行った戦役。島津氏は1578年大友氏を下して以降,その勢力を肥後,肥前,筑後に及ぼし九州を手中にする勢力に拡大した。その報を聞き,全国統一を画していた秀吉は,85年10月,勅を奉じて島津義久を諭し,大友氏と和を図らせる停戦令を出したが,島津氏は〈秀吉は由来なき仁,返書は笑止〉として応諾しなかったばかりか,島津氏の行動を正当とし,対決姿勢を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゅうしゅうせいばつ【九州征伐】

1587年、豊臣秀吉が薩摩の島津氏を征服して、九州全土を支配下においた戦役。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九州征伐の関連キーワード小寺休夢総見院大雲院豊臣日本茶の日五条鎮定島津家久(1)島津忠直島津久豊(2)宥印

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九州征伐の関連情報