コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅間神社 あさまじんじゃ

9件 の用語解説(浅間神社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅間神社
あさまじんじゃ

浅間神社」のページをご覧ください。

浅間神社
せんげんじんじゃ

静岡県富士宮市に鎮座する元官幣大社(→官幣社)。正式には富士山本宮浅間大社浅間大明神ともいう。なお浅間は「あさま」とも読む。祭神はコノハナノサクヤヒメ(木花開耶姫)で,アマツヒタカヒコホノニニギノミコト,オオヤマツミノカミを配祀する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさま‐じんじゃ【浅間神社】

せんげんじんじゃ(浅間神社)

せんげん‐じんじゃ【浅間神社】

静岡県富士宮市にある神社。旧官幣大社。祭神は木花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)富士山の山頂に奥宮がある。駿河国一の宮富士山本宮浅間大社。
山梨県笛吹(ふえふき)市にある神社。祭神は木花開耶姫命。甲斐国一の宮。
静岡市葵区にある神社。祭神は木花開耶姫命。
[補説]静岡県の富士山本宮浅間大社・山宮浅間神社・村山浅間神社・須山浅間神社・冨士浅間神社・人穴浅間神社(人穴富士講遺跡)と、山梨県の北口本宮冨士浅間神社・河口浅間神社・冨士御室浅間神社は、平成25年(2013)「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一つとして世界遺産に登録された。→富士山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浅間神社【あさまじんじゃ】

〈せんげん〉神社とも。富士山の神霊をまつった神社で,木花開耶姫(このはなのさくやひめ)を主祭し,東海,東山の各地域を中心に1300余の分社がある。→浅間(せんげん)神社
→関連項目湧玉池

浅間神社【せんげんじんじゃ】

木花開耶(このはなのさくや)姫をまつった神社で,神体は富士山とされる。浅間は〈あさま〉とも。浅間信仰に基づき東海道・東山道周辺に1000を超える神社がある。(1)山梨県東八代郡一宮町(現・笛吹市)に鎮座。
→関連項目浅間神社一宮[町]駿河国火祭富士山富士宮[市]富士吉田[市]山宮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

浅間(あさま)神社

山梨県笛吹市にある神社。第11代垂仁天皇の御代の創祀とされる。祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)。甲斐国一之宮。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あさまじんじゃ【浅間神社】

せんげんじんじゃ【浅間神社】

〔「あさまじんじゃ」とも〕
静岡県富士宮市にある神社。駿河国一宮。主神は木花開耶姫命このはなさくやひめのみこと。浅間造りの本殿は有名。
静岡市にある神社。主神は木花開耶姫命。富士新宮。
山梨県笛吹ふえふき市一宮町にある神社。甲斐国一宮。主神は木花開耶姫命。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅間神社の関連キーワード静岡県富士宮市内野静岡県富士宮市上条静岡県富士宮市狩宿静岡県富士宮市根原静岡県富士宮市原静岡県富士宮市人穴静岡県富士宮市麓静岡県富士宮市宮町静岡県富士宮市村山静岡県富士宮市山宮

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅間神社の関連情報