古庄敬一郎(読み)ふるしょう けいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古庄敬一郎 ふるしょう-けいいちろう

1850-1911 明治時代の公共事業家。
嘉永(かえい)3年8月13日生まれ。大分県直入郡(なおいりぐん)宮城村村長。上畑井路や竹田-日田間の道路を完成させる。また宮城村農談会を発足させ,農業技術改良などにもつとめた。明治25年県会議員。明治44年1月4日死去。62歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android