古東領左衛門(読み)ことう りょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古東領左衛門 ことう-りょうざえもん

1819-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政2年4月18日生まれ。淡路(あわじ)(兵庫県)津井村の庄屋。窮民の救済や築港などにつくす。藤本鉄石らとまじわり,文久3年(1863)天誅(てんちゅう)組の大和挙兵に参加。京都で平野国臣(くにおみ)とともに捕らえられ,禁門の変がおこると,元治(げんじ)元年7月20日獄中で斬殺(ざんさつ)された。46歳。名は需。号は衝山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

古東領左衛門 (ことうりょうざえもん)

生年月日:1819年4月18日
江戸時代末期の志士
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android