コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古海流 こかいりゅうpaleocurrent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古海流
こかいりゅう
paleocurrent

地質時代海流。地層中の海生生物の化石の種類やその生態および大洋底堆積物からは,暖流系か寒流系か判別でき,その化石群を含む地層の分布からは暖流や寒流の範囲がわかり,その地層堆積時の海流を推定することができる。日本の中生代鳥巣石灰岩造礁サンゴ化石を含むことから,中生代ジュラ紀には暖流が太平洋側を北海道まで北上していたことがわかる。また新生代新第三紀鮮新世では,掛川動物群(→掛川層群)が太平洋側の暖流,大桑動物群(→大桑層)が日本海側の寒流の範囲を示す。近年,化石の殻中の酸素の同位体比から水温を推定し,また偽層などから流路の方向を出して,古海流をさらに詳しく復元する試みがなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

古海流の関連キーワードアツリア示相化石

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android