コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古澗仁泉 こかん にんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古澗仁泉 こかん-にんせん

1379-1458 室町時代の僧。
康暦(こうりゃく)元=天授5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。美濃(みの)(岐阜県)仏陀(ぶっだ)寺の太容梵清(たいよう-ぼんせい)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺,丹波玉雲寺などの住持となる。永享2年備中(びっちゅう)(岡山県)高越山城主伊勢盛定にまねかれ法泉寺をひらいた。長禄(ちょうろく)2年2月死去。80歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古澗仁泉の関連キーワード関叟梵機室町時代康暦

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android