コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古澗仁泉 こかん にんせん

1件 の用語解説(古澗仁泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古澗仁泉 こかん-にんせん

1379-1458 室町時代の僧。
康暦(こうりゃく)元=天授5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。美濃(みの)(岐阜県)仏陀(ぶっだ)寺の太容梵清(たいよう-ぼんせい)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺,丹波玉雲寺などの住持となる。永享2年備中(びっちゅう)(岡山県)高越山城主伊勢盛定にまねかれ法泉寺をひらいた。長禄(ちょうろく)2年2月死去。80歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古澗仁泉の関連キーワード天授意雲惟三宗叔雲荘徳慶尭誉重阿宗観(1)仲翁守邦天章澄彧梵阿

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone