コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古皮質 コヒシツ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ひしつ【古皮質】

大脳皮質の一部で、系統発生的には旧皮質に次いで現れる部分。両生類以上に見られ、両生類では旧皮質とともに主要部を占める。哺乳類では内側にわずかに存在し、本能・情動などの中枢があるとされる。→新皮質旧皮質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こひしつ【古皮質】

大脳皮質の一部。旧皮質に次いで発生し、両生類以上にみられる。ヒトでは大脳半球の内側の狭い部分に局在する。 → 旧皮質大脳辺縁系

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古皮質の関連キーワード脳、脊髄、神経のしくみとはたらき大脳辺縁系大脳化現象争う大脳嗅脳海馬