コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新皮質 シンヒシツ

2件 の用語解説(新皮質の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐ひしつ【新皮質】

大脳皮質の一部で、系統発生的に最も新しい部分。爬虫類(はちゅうるい)以上にみられ、哺乳類では大脳のほとんどを占める。人類では最もよく発達し、学習・思考・情操などの精神活動が営まれる。大脳新皮質。→旧皮質古皮質

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんひしつ【新皮質】

大脳皮質の一部。発生的に最も新しく分化したもので、爬虫類以上にみられる。ヒトでは大脳半球の大部分を占め、学習・感情・意志など高等な精神作用や知覚・言語・随意運動などを支配する。 → 大脳半球大脳皮質

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新皮質の言及

【大脳皮質】より

…大脳皮質は,中枢神経系のなかでも最も高度な役割をもつところとされているが,その構造―機能についての知識は必ずしも豊富ではない。大脳皮質には,下等な脊椎動物からすでに存在している部分と,高等になって初めて出現する部分とがあり,前者を系統発生的に古い皮質,後者を新しい皮質(新皮質)という。また個体発生的にみた場合,発生初期にできる部分と,発生が進んでからできる部分とがあり,前者と後者とは古い皮質と新しい皮質とにほぼ対応する。…

【脳】より

… 脊椎動物の脳全体を系統発生の面から眺めると,終脳の変化が最も著しい。ことに終脳の背側外套(壁)dorsal palliumから発達する新皮質は,学習のような高次の神経活動に関係が深い。鳥類の線条体striatumの背側部は,哺乳類の新皮質のように光や音による情報が間脳を経て投射される。…

※「新皮質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新皮質の関連キーワード視覚野大脳辺縁系連合野大脳皮質旧皮質古皮質大脳半球味覚神経反復の法則(地学)フリント法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新皮質の関連情報