古郡孫大夫(読み)ふるこおり・まごだゆう

朝日日本歴史人物事典の解説

古郡孫大夫

没年:寛文4.閏5.22(1664.7.15)
生年:慶長4(1599)
江戸前期の幕府代官。駿河代官のひとりで加嶋代官と呼ばれた。幼名は大三郎,諱 は重政。孫大夫重高の子。駿河国富士郡中里村(富士市)に生まれ,はじめ徳川忠長に仕え100俵を給せられた。のち富士川下流域の治水,新田開発に取り組み,寛永17(1640)年より自力で加嶋新田の開発に着手,19年に検地をうけ1100石余の新田が成立,「物成十分一」(年貢米の10分の1)が与えられた。開発事業は養子文右衛門重年にも引き継がれて,延宝2(1674)年には富士川左岸の 雁堤 が完成,6500石余の新田が生まれた。

(関根省治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android