コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太政官奏 だいじょうかんそう

1件 の用語解説(太政官奏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいじょうかんそう【太政官奏】

太政官より天皇の勅裁を仰ぐため上申すること,またその文書。官奏ともいう。手続と文書様式は公式令に規定されている。これには事柄によって,論奏式,奏事式,便奏式の3形式がある。(1)論奏式とは太政官で発議して上奏するもので,大祭祀,支度国用,官員増減,流罪以上の断罪,国郡の廃置,100疋以上の兵馬を差発する事等国家の大事を奏するものである。奏文の文末には必ず〈朝議商量〉〈臣等商量〉〈官議商量〉などの文言が書かれてあり,太政大臣以下議政官が署名して上奏し,天皇が承認すると,そのしるしとして文末に〈聞〉と書いて下げわたされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太政官奏の関連キーワード太政官太政官札太政官日誌外印裁可太政官牒太政官布告勅許鼻息を仰ぐ天を仰ぐ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone