コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太政官奏 だいじょうかんそう

世界大百科事典 第2版の解説

だいじょうかんそう【太政官奏】

太政官より天皇の勅裁を仰ぐため上申すること,またその文書。官ともいう。手続と文書様式は公式令に規定されている。これには事柄によって,論奏式,奏事式,便奏式の3形式がある。(1)論奏式とは太政官で発議して上奏するもので,大祭祀,支度国用,官員増減,流罪以上の断罪,国郡廃置,100疋以上の兵馬を差発する事等国家の大事を奏するものである。奏文の文末には必ず〈朝議商量〉〈臣等商量〉〈官議商量〉などの文言が書かれてあり,太政大臣以下議政官が署名して上奏し,天皇が承認すると,そのしるしとして文末に〈聞〉と書いて下げわたされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

太政官奏の関連キーワード駅伝制度外記