コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開元通宝 かいげんつうほうKai-yuan tong-bao

デジタル大辞泉の解説

かいげん‐つうほう【開元通宝】

中国、唐の高祖の武徳4年(621)に初めて鋳造された貨幣。約290年にわたって流通した。一般に誤って、「開通元宝」と呼ばれたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

開元通宝【かいげんつうほう】

中国,唐の高祖が621年に鋳造した青銅貨。開元は年号ではなく,開国の意味で唐朝創立を記念したもの。銭を右回りに開通元宝と読むことが正しいという説もある。唐末まで引き続いて発行。重さ2.4銖(しゅ)(約1匁,3.7g)で,以後の銭貨の基準となり,日本の和同開珎(かいちん)もこれにならって鋳造された。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいげんつうほう【開元通宝 Kāi yuán tōng bǎo】

中国,唐初から唐末・五代にかけて鋳造され流通した銅銭。方孔をはさんで上下に〈開元〉,右左に〈通宝〉の文字を刻む。普通,上下右左と読んで開元通宝というが,上から時計回りに開通元宝と読むこともある。唐の高祖李淵の武徳4年(621)に制定された。径8分,重さ2銖4(るい)で,10文が重さ1(24銖)に相当する。唐の銅銭には年号を用いた乾封泉宝,乾元重宝,大暦元宝,建中通宝などがあるが,開元通宝は唐末にも鋳造されていて,唐代を通じて鋳造され流通したといえよう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいげんつうほう【開元通宝】

中国、唐の通貨。621年以降、唐代を通じて鋳造され、五代にも通用。円形方孔の銅銭で、この形式が清末まで及び、日本の銭貨の規範ともなった。開通元宝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の開元通宝の言及

【円】より

… 補助単位の〈銭〉はアメリカの補助単位セントの発音に類似のために採用されたともいわれているが,これも俗説である。東洋世界での銅銭の原基となった唐の開元通宝(621鋳造)の量目を,宋以降に新たな単位として匁または銭とよんだ。日本の銅銭,和同開珎も寛永通宝も当初量目が一匁のゆえに,これらを一文銭とよぶ。…

【貨幣】より

…さらに武帝のとき,三銖銭の暫定的発行(前120)を経て五銖銭が発行されるに及び(前119),銅銭の重量・様式は確定した。五銖銭は,以後,唐の621年(武徳4),開元通宝が発行されるまで,銅銭のモデルとされた。なお,このとき,五銖銭のほかに白金三品(3種の銀貨)や皮幣が制定されたが,白金は盗鋳の激発などのためにまもなく廃止された。…

【銅銭】より

…五銖銭は重量や様式において貨幣としての条件を充足し,経済の実情にも適していたので,これ以後,銅銭のモデルとなった。なお,唐初の621年(武徳4)に開元通宝が発行されるまでは銭面には主として五銖の文字が刻まれたが,それ以後は通宝,重宝などの名を用い,元号などを冠するのがならわしとなった。 戦国から秦・漢時代には銅銭は黄金(金餅)と併用されていたが,その後,黄金が流通過程からひいたので,銅銭がもっぱら貨幣の主役をつとめた。…

【匁】より

…尺貫法における質量の単位。唐の貨幣である開元通宝銭(一文銭)の目方を質量の単位として用いて銭といい,日本ではこれを銭または匁と称した。1000匁を貫と呼んだが,1891年制定の度量衡法では逆に貫を基本としたため,匁は貫の分量単位となり,1/1000貫に等しく,3.75gである。…

※「開元通宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

開元通宝の関連キーワード貫(質量の単位)唐の時代(年表)文(もん)富本銭尺貫法度量衡五銖銭渡唐銭通用規範古銭

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開元通宝の関連情報