句句(読み)クク

大辞林 第三版の解説

くく【句句】

一句一句。それぞれの句。 「小歌の詞ことばが、-珠たまのやうに光つて/油地獄 緑雨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐く【句句】

〘名〙
① ことばの一句一句。それぞれの句。
※性霊集‐三(835頃)中寿感興詩「句々金玉。字々円融」
※太平記(14C後)四〇「句々に真理の法義を宣べ被(ら)れしかば」 〔法華文句記‐一上〕
② 歌や詩の一句一句。各句。
※万葉(8C後)一一・二六三四左注「右一首上見柿本朝臣人麻呂之歌中也。但以句々相換故載於茲
③ 俳諧、俳句の一句一句。
※四河入海(17C前)七「此詩は句々に風を作が、此第一句は時節を作ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

句句の関連情報