コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾泥鰌 タイワンドジョウ

2件 の用語解説(台湾泥鰌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいわん‐どじょう〔‐どぢやう〕【台湾泥鰌】

スズキ目タイワンドジョウ科の淡水魚。全長約60センチ。形態・生態ともカムルチーに似ていて、ともに雷魚(らいぎょ)とよばれるが、体側の斑紋が小さい。中国南部・台湾の原産で、日本には台湾から渡来、関西地方で野生化した。ライヒー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいわんどじょう【台湾泥鰌】

スズキ目タイワンドジョウ科の淡水魚。全長60センチメートルに及ぶ。体は円筒形で、やや側扁する。カムルチーとともに雷魚とも呼ばれるが、体側の暗色斑紋が細かい。中国南部と台湾・フィリピンの原産であるが、日本には台湾から移入され、兵庫県の一部に分布。釣りの対象魚。食用にもなるが、顎口虫の宿主となるので生食は危険。ライヒー。 → カムルチー

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台湾泥鰌の関連キーワードカムルチータイワンドジョウマダイライギョ(雷魚)鮎擬縞泥鰌ペヘレイアサヒダイ

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone