コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾泥鰌 タイワンドジョウ

デジタル大辞泉の解説

たいわん‐どじょう〔‐どぢやう〕【台湾泥鰌】

スズキ目タイワンドジョウ科の淡水魚。全長約60センチ。形態・生態ともカムルチーに似ていて、ともに雷魚(らいぎょ)とよばれるが、体側斑紋が小さい。中国南部・台湾の原産で、日本には台湾から渡来、関西地方で野生化した。ライヒー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいわんどじょう【台湾泥鰌】

スズキ目タイワンドジョウ科の淡水魚。全長60センチメートルに及ぶ。体は円筒形で、やや側扁する。カムルチーとともに雷魚とも呼ばれるが、体側の暗色斑紋が細かい。中国南部と台湾・フィリピンの原産であるが、日本には台湾から移入され、兵庫県の一部に分布。釣りの対象魚。食用にもなるが、顎口虫の宿主となるので生食は危険。ライヒー。 → カムルチー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

台湾泥鰌 (タイワンドジョウ)

動物。タイワンドジョウ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

台湾泥鰌の関連キーワード動物

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android