コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右筆書 ゆうひつがき

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうひつがき【右筆書】

古文書学上の用語。一般に,貴人の出す文書で主人に代わって侍臣が書いたものを,右筆書という。右筆は,祐筆,佑筆とも書き,筆を助けるの意で,貴人発給文書の文案作成,浄書を職掌とする。右筆書には広狭2とおりの解釈があり,広い意味では,右筆奉行がみずからの名を署して発給する,いわゆる奉書を含める場合がある。公家文書の院宣,綸旨(りんじ),御教書(みぎようしよ)等,武家文書の室町幕府奉行人奉書などがこれである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

右筆書の関連キーワード御判御教書

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android