コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御判御教書 ごはんのみぎょうしょ

世界大百科事典 第2版の解説

ごはんのみぎょうしょ【御判御教書】

足利将軍ないし室町殿(義満以降の政務権者)が,自身の花押もしくは自署を加える直状形式の御教書。一般に,御教書は奉書形式のものが多いが,この御教書は直状である点が特徴である。ただし直状といっても多くは右筆書であり,花押や自署さえ必ずしも自筆とは限らない。足利将軍,室町殿の発給する直状としてはこのほかに御内書(ごないしよ)があるが,武家の政治文書としては御内書は非公式な文書であって,書状に近く日付に年号を付さない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御判御教書の関連キーワード宛行状(あておこないじょう)預状(あずけじょう)知行宛行状武家様文書足利義政安堵状施行状預状

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android