右近の橘(読み)ウコンノタチバナ

大辞林 第三版の解説

うこんのたちばな【右近の橘】

紫宸殿ししんでんの南階下西側に植えられた橘。朝儀のとき、右近衛府の武官の列する側にあたる。 → 左近の桜内裏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うこん【右近】 の 橘(たちばな)

紫宸殿(ししんでん)の南階下の西側に植えた橘。平安時代、右近衛府の官人がこの橘から南に陣列したことからいう。右近。⇔左近の桜
※平治(1220頃か)中「左近の桜、右近の橘を七八度まで追ひまはして」
② (①を模して)雛祭りに雛壇に並べる飾り物。
※人でなしの恋(1927)〈江戸川乱歩〉七「これがお雛様、これが左近の桜、右近(ウコン)の橘(タチバナ)と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の右近の橘の言及

【左近の桜・右近の橘】より

…平安宮内裏の紫宸殿(南殿ともいう)前庭に植えられている桜とタチバナ。左近・右近は左近衛府・右近衛府の略称。左近は紫宸殿の東方に,右近は西方に陣をしくが,ちょうどその陣頭の辺に植えられているのでこの名がある。平安時代末期にできた《古事談》に,南殿の桜はもと梅であって,794年(延暦13)の平安遷都のとき植えられたが,960年(天徳4)の内裏焼亡の際に焼失し,内裏新造のとき,梅に代えて重明親王の家の桜を植えたものであり,タチバナは平安遷都以前,そこに住んでいた橘大夫という人の家に生えていたものである,という話が見える。…

【タチバナ(橘)】より

…ただ一つ日本原産とされるかんきつ類で,〈左近の桜〉に対する〈右近の橘〉として知られる(イラスト)。ヤマトタチバナともいう。…

※「右近の橘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右近の橘の関連情報