コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雛壇/雛段 ヒナダン

2件 の用語解説(雛壇/雛段の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひな‐だん【×雛壇/×雛段】

雛祭りに、雛人形や調度品などを並べて飾る壇。雛棚。 春》「―に桃ちりかかる四日かな/綺堂
歌舞伎大道具の一。舞踊劇のとき、長唄囃子(はやし)の演奏者が座る二段の台。上段に長唄連中、下段に囃子方が座る。→山台(やまだい)
歌舞伎劇場の一階見物席で、東西の桟敷と、その前の高土間などのこと。緋毛氈(ひもうせん)を敷き、平土間より一段ずつ高くなっていたのでいう。
会場などで一段高く設けられている座席。特に、国会の本会議場で大臣席などをいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひなだん【雛壇】

雛祭りに、雛人形や調度を飾る階段式の壇。 [季] 春。
議場・会場などで、他よりも一段高くしつらえ、人が並べるようにした壇。特に、国会の本会議場における大臣席などの称。
歌舞伎・舞踊で、長唄や浄瑠璃の演奏者の座る台。舞台後方に正面を向けて設けられ、緋毛氈ひもうせんを敷く。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone