合成食品(読み)ごうせいしょくひん(英語表記)synthetic food

世界大百科事典 第2版の解説

ごうせいしょくひん【合成食品 synthetic food】

厳密な定義はないが,一般には生物体を媒介としないで石油など無機物から純粋に物理化学的に作る食品をいう。合成酢などがその例である。工業の力を利用し,水や空気から食料を製造する試みは19世紀のヨーロッパで開始された。空気中の窒素を固定しアンモニアを作る技術もその過程での発明である。酵母のような微生物は,無機物の窒素や炭素から有機物タンパク質や炭水化物を効率的に生産する。この酵母を肉状に加工する技術はすでに完成しており,半合成食品といえよう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合成食品の関連情報