コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合田求吾 ごうだ きゅうご

2件 の用語解説(合田求吾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

合田求吾 ごうだ-きゅうご

1723-1773 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)8年11月14日生まれ。江戸の望月三英,京都の山脇東洋らにまなぶ。宝暦12年(1762)長崎におもむき,吉雄耕牛(よしお-こうぎゅう)が訳述したオランダ医書を「紅毛医述(こうもういじゅつ)」にまとめた。安永2年4月12日死去。51歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。名は強(剛)。字(あざな)は千之。号は温恭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

合田求吾

没年:安永2.4.12(1773.6.1)
生年:享保8.11.(1723)
江戸中期の医学者。讃岐国(香川県)三豊郡豊浜生まれ。合田伝右衛門吉盤の長男。名は強,字は千之,通称求吾,温恭,号は巨鼈など。同郡の合田又玄,高橋柳哲について医学を修めて開業した。宝暦2(1752)年2月京に上り,松原一閑斎について古医方を学んだ。6年江戸にくだって,望月三英についてさらに医学を修めた。12年1月長崎に遊学して約2カ月半滞在し,この間大通詞吉雄耕牛,弟の吉雄蘆風にオランダ内科書を翻訳してもらい,これを記録して『紅毛医言』にまとめた。オランダ医学には外科はあれども内科はなし,といわれていたこのころ,蘭方内科の書を編纂したのは注目に値する。<著作>『野学草稿』『弁医文集』<参考文献>富士川游「温恭合田求吾先生」(『中外医事新報』1239号),長与健夫「合田求吾の『紅毛医言』について」(『日本医史学雑誌』38巻3号)

(深瀬泰旦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合田求吾の関連キーワード三豊望月三英讃岐国分寺大久保諶之丞片岡光吉讃岐広直柴野貞穀末包金陵珉山三豊鶴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone