コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉国一郎 ヨシクニイチロウ

デジタル大辞泉の解説

よしくに‐いちろう〔‐イチラウ〕【吉国一郎】

[1916~2011]官僚。神奈川の生まれ。東京帝大卒業後、商工省で勤務。昭和47年(1972)から約5年間、内閣法制局長官を務めた。平成元年(1989)に第9代プロ野球コミッショナーに就任し、9年在職。FA制の導入に尽力し、野球の国際化にも貢献した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉国一郎 よしくに-いちろう

1916-2011 昭和時代の官僚。
大正5年9月2日生まれ。吉国二郎の兄。昭和15年商工省にはいり,戦後法務庁に転じて,47年から第1・第2次田中内閣,三木内閣法制局長官をつとめる。51年地域振興整備公団総裁。電電公社経営委員会委員長などをへて,平成元年プロ野球コミッショナー。11年野球殿堂入り。平成23年9月2日死去。95歳。神奈川県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉国一郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉国一郎の関連情報