コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川之経 きっかわ ゆきつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川之経 きっかわ-ゆきつね

1415-1477 室町時代の武将。
応永22年生まれ。吉川経信(つねのぶ)の長男。安芸(あき)(広島県)山県郡大朝(おおあさ)の国衆(くにしゅう)。康正(こうしょう)3年厳島(いつくしま)神社神主家と安芸分郡守護武田信賢(のぶかた)との間に紛争が生じた際,武田氏をたすけて,武田氏の銀山(かなやま)城を攻めた周防(すおう)・長門(ながと)守護の大内教弘(のりひろ)の軍勢を撃退した(山本合戦)。文明9年1月7日死去。63歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉川之経の関連キーワード大航海時代石神井城シュトース妙心寺東金堂古賀市と都市計画区域外国籍児童・生徒への支援周期表性理大全茶臼山