コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内教弘 おおうち のりひろ

2件 の用語解説(大内教弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内教弘 おおうち-のりひろ

1420-1465 室町時代の武将。
応永27年3月20日生まれ。大内盛見(もりみ)の子。一説に大内持盛の子。大内持世の跡をつぎ周防(すおう),長門(ながと),豊前(ぶぜん),筑前(ちくぜん)の守護となる。対外貿易を拡大,築山殿を造営。雪舟等楊を山口にまねいた。寛正(かんしょう)5年伊予(いよ)(愛媛県)に出陣,河野通春をたすけて細川勝元とたたかい,寛正6年9月3日興居(ごご)島の陣中で病死。46歳。幼名は六郎。通称は新介。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大内教弘

没年:寛正6.9.3(1465.9.23)
生年:応永27(1420)
室町時代の武将。幼名六郎。新介と称す。官途は左京大夫,大膳大夫。築山殿と呼ばれた。盛見の子。持世の死後,大内氏の家督を継ぎ,周防・長門・豊前の守護となり,のちに筑前守護も兼ねる。山口市中で夜中に大路を往来することなどを禁じた法令や家臣団関係の法令を出し,領国支配を強固なものにし,明,朝鮮とも交渉があった。寛正6(1465)年,幕府の命に背いて伊予の河野通春に味方し,幕府方と戦う。同年9月3日,伊予国興居島の陣中で病死した。<参考文献>近藤清石『大内氏実録』,御薗生翁甫『大内氏史研究』

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大内教弘の言及

【大内氏】より

…中世の西中国の雄族(図)。百済聖明王第3子琳聖太子が周防国多々良浜に着岸,聖徳太子より大内県を采邑とし多々良の姓を賜ったと伝える。鉄製錬技術をもち半島から帰化した氏族であろう。12世紀中葉から周防在庁の有力者で盛房以来周防権介を世襲し大内介と称した。13世紀後半惣領家は在国司ほかの要職を,庶家の問田(といた)・右田(みぎた)・鷲頭(わしず)の諸家も在庁の要職を保持し,同時に鎌倉御家人で六波羅評定衆。…

※「大内教弘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大内教弘の関連キーワード三淵宗薫古瀬戸大内盛見姉小路尹綱意雲大内持盛河野通之(1)椎名六郎千葉胤宣松平親則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone