吉州梵貞(読み)きっしゅう ぼんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉州梵貞 きっしゅう-ぼんてい

?-1558 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)東雲寺の霊泉寿曹の法をつぐ。瑞雲寺,安房(あわ)(千葉県)長興院,梅清寺の各住持をつとめ,安房の里見義尭(よしたか)にこわれて,延命(えんみょう)寺の開山(かいさん)となった。永禄(えいろく)元年6月20日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android