コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉成恒次郎 よしなり つねじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉成恒次郎 よしなり-つねじろう

1824-1877 幕末の武士。
文政7年生まれ。吉成又右衛門の次男。常陸(ひたち)水戸藩士。尊攘(そんじょう)激派に属し,「戊午(ぼご)の密勅返納を阻止しようと安政6年同志と長岡宿に結集。翌年薩摩(さつま)鹿児島藩邸に攘夷(じょうい)決行をうったえ,謹慎処分をうける。のちゆるされて京都警備などにあたった。明治10年5月14日死去。54歳。名は一徳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉成恒次郎の関連キーワードウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちおもなお雇い外国人ルイマクドナルドマクレー浅田育輝ビルマ戦争グアダルペ・ビクトリアパーマー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android