吉成恒次郎(読み)よしなり つねじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉成恒次郎 よしなり-つねじろう

1824-1877 幕末の武士。
文政7年生まれ。吉成又右衛門の次男常陸(ひたち)水戸藩士。尊攘(そんじょう)激派に属し,「戊午(ぼご)の密勅返納を阻止しようと安政6年同志と長岡宿に結集。翌年薩摩(さつま)鹿児島藩邸に攘夷(じょうい)決行をうったえ,謹慎処分をうける。のちゆるされて京都警備などにあたった。明治10年5月14日死去。54歳。名は一徳

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android