コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉成恒次郎 よしなり つねじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉成恒次郎 よしなり-つねじろう

1824-1877 幕末の武士。
文政7年生まれ。吉成又右衛門の次男。常陸(ひたち)水戸藩士。尊攘(そんじょう)激派に属し,「戊午(ぼご)の密勅返納を阻止しようと安政6年同志と長岡宿に結集。翌年薩摩(さつま)鹿児島藩邸に攘夷(じょうい)決行をうったえ,謹慎処分をうける。のちゆるされて京都警備などにあたった。明治10年5月14日死去。54歳。名は一徳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android