コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉本和子 よしもとかずこ

1件 の用語解説(吉本和子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

吉本和子

日本の女流俳人。1927年4月28日生まれ、東京都出身。2012年3月に死去し「知の巨人」と称された詩人・思想家・評論家の吉本隆明の妻。長女はマンガ家のハルノ宵子(よいこ)、次女は作家の吉本ばなな三角関係の大恋愛の末、吉本隆明と結ばれたが、結婚後間もなく隆明より「もし、あなたが表現者を志しているのだったら、別れたほうがいいと思う」との言葉を受け、主婦業に専念する。70歳を過ぎた98年に第一句集『寒冷前線』(深夜叢書社)を刊行、俳人としての地位を確立し、2003年にも『七耀-吉本和子句集』(七耀企画)を刊行した。12年10月9日、肺炎のため東京都内の自宅で死去。享年85。

(2012-10-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉本和子の関連キーワード長谷川かな女加賀千代尼里見香奈秋色女川島つゆ杉内寿子杉木美津蛸島彰子万里女謝依旻

吉本和子の関連情報