コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉本ばなな ヨシモトバナナ

デジタル大辞泉の解説

よしもと‐ばなな【吉本ばなな】

[1964~ ]小説家。東京の生まれ。本名、吉本真秀子(まほこ)。思想家吉本隆明の次女。単行本「キッチン」に所収の「ムーンライト・シャドウ」で第16回泉鏡花文学賞受賞。他に「TUGUMI」「とかげ」「白河夜船」など。海外で翻訳されている作品も多い。平成15年(2003)から平成27年(2015)まで「よしもとばなな」の筆名を使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉本ばなな
よしもとばなな

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉本ばななの関連キーワードアレッサンドロ ジェレヴィーニつぐみ TUGUMIシラカワ夜フネ不倫と南米川原亜矢子女流文学二世作家風俗小説奈良美智吉本和子牧瀬里穂アムリタツグミ市川準海燕

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉本ばななの関連情報