コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉本虫雄 よしもと むしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉本虫雄 よしもと-むしお

1715-1805 江戸時代中期の国学者。
正徳(しょうとく)5年生まれ。谷垣守(かきもり)にまなぶ。詩歌,書をこのみ,剣術にもすぐれた。50歳で郷里の土佐(高知県)吉原村に隠居したが,子が財産をなくしたため,剣の教授,漢方医で生計をたてた。のち里正(村長)をつとめる。文化2年4月6日死去。91歳。通称は外市。号は東原,独淵明。名は虫夫ともかく。著作に「老木雫」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉本虫雄の関連キーワード国学者正徳

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android