コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村虎太郎 よしむら とらたろう

3件 の用語解説(吉村虎太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村虎太郎 よしむら-とらたろう

1837-1863 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年4月18日生まれ。土佐(高知県)高岡郡津野山郷の庄屋(しょうや)の長男。文久元年武市瑞山(たけち-ずいざん)の土佐勤王党に参加。翌年寺田屋事件に関係して投獄される。3年中山忠光(ただみつ)を擁して天誅(てんちゅう)組を組織し討幕の兵をあげ,同年9月27日大和(奈良県)鷲家(わしか)口で戦死。27歳。名は重郷。通称は寅太郎ともかく。
【格言など】辛棒せい,辛棒せい,辛棒を押し通したらば世はかわる(敗走する農民兵をはげまして)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉村虎太郎

没年:文久3.9.27(1863.11.8)
生年:天保8.4.18(1837.5.22)
幕末の天誅組幹部。諱は重郷,号は黄庵。父重雄,母雪の長男。土佐国(高知県)高岡郡の庄屋として治績を挙げた。土佐勤王党結成に参画。文久2(1862)年2月長州,筑前の政情を視察,この地方の同志決起の可能性が高いと判断,高知に戻り首領武市瑞山に同時決起を促したが容れられず,3月,長州に脱走,京坂に転じて伏見寺田屋の変に遭遇,藩に拘束されたが,12月無罪放免。翌3年,再び入京,攘夷祈願の賀茂社行幸で意気上がった。しかし,幕府に攘夷の意志は薄弱で尊攘派の憤激は過熱,議論輻輳するなか,8月13日,大和行幸・攘夷親征の詔勅が煥発。虎太郎,藤本鉄石らは前侍従中山忠光を擁し同志約40名と親征=討幕の先鋒たらんと大和五条代官所を襲撃,天誅組と号し同志の結集を四方に運動したが,同月18日の公武合体派のクーデタで状況が急変し,諸藩連合軍に包囲され,9月27日,鷲家口で壮烈に戦死した。<参考文献>平尾道雄『天誅組烈士・吉村虎太郎

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉村虎太郎
よしむらとらたろう
(1837―1863)

幕末期土佐出身の尊攘(そんじょう)志士。諱(いみな)は重郷(しげさと)。寅太郎(とらたろう)と書かれることもある。高岡郡津野山郷芳生野(よしうの)村(現高知県津野町)の庄屋(しょうや)の家に生まれ、若年のころより各地の庄屋を歴任し、1857年(安政4)には津野山郷檮原(ゆすはら)村(現檮原町)大庄屋(おおじょうや)になる。この間、間崎哲馬(まさきてつま)らに師事。その後武市瑞山(たけちずいざん)が勤王党(きんのうとう)を組織するやこれに参加した。津野山郷からは、虎太郎のほかに贈位を受けた者だけで那須信吾(なすしんご)、上岡膽治(かみおかたんじ)ら7名の尊攘志士を出している。土佐勤王党のなかではもっとも急進的な存在で、1862年(文久2)3月脱藩し、寺田屋事件に関係し捕らえられ土佐に送還されて禁獄。ついで翌年2月出獄後、再度上京して天誅組(てんちゅうぐみ)を組織する。同年8月大和(やまと)五條(ごじょう)に挙兵したが事破れ、9月27日鷲家口(わしかぐち)の戦いで戦死した。年27。小柄で、色白な丸顔、かつ愛嬌者(あいきょうもの)であったという。[池田敬正]
『平尾道雄著『吉村虎太郎』(1941・大道書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉村虎太郎の関連キーワード宍戸昌明天誅組の変五條天誅組狩野重郷高橋甲之允千葉良平鶴田陶司中川克一沼田竜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉村虎太郎の関連情報