コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天誅組の変 てんちゅうぐみのへん

防府市歴史用語集の解説

天誅組の変

1863年(文久3年)尊王攘夷を実行にうつそうとした公家の中山忠光[なかやまただみつ]らが起こしました。大和[やまと](奈良県)で代官所を襲うなどしましたが失敗に終わり、中山は長州藩へ逃れました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天誅組の変
てんちゅうぐみのへん

大和五条の変」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天誅組の変
てんちゅうぐみのへん

大和(やまと)(奈良県)における尊王攘夷(そんのうじょうい)激派の挙兵事件。1863年(文久3)は攘夷の実行をめぐって、尊王攘夷派がもっとも強力に動いて政局に影響を与えた年であった。こうしたなかで久留米(くるめ)出身の真木和泉(まきいずみ)らのたてた攘夷親征計画を受けて、朝議は8月13日に大和行幸を決定した。これを機に土佐出身の吉村虎太郎(とらたろう)と土佐、因幡(いなば)、久留米などの脱藩士が中心となり、元侍従中山忠光(ただみつ)を擁して天誅組(天忠組ともいう)を結成し、大和挙兵を謀った。一行は8月14日に京都を出発し、大坂、堺(さかい)、河内(かわち)を経て大和に向かい、17日に五条代官所を襲い、代官鈴木源内以下5名を殺害して首を梟(きょう)した。翌18日には主将中山忠光、総裁藤本鉄石(てっせき)(備前(びぜん))・松本奎堂(けいどう)(三河)・吉村虎太郎などの諸役を定め、近在の村役人を集めて代官所支配地の朝廷直領化と祝儀として今年分の年貢半減を布告した。また農民には苗字(みょうじ)帯刀御免、五石二人扶持(ぶち)給与を唱えて参加を求めた。しかし18日の京都政変の情報が伝えられたので、急いで十津川郷士(とつかわごうし)の糾合に努め、26日には募ったほぼ1000人の郷士を率いて高取(たかとり)城を攻撃したが、敗れて十津川郷へと引き返した。こののち追討諸藩兵と戦闘を繰り返すが、9月16日には頼みとした十津川郷士の離反にあって総崩れとなり、退却の途中吉野山中鷲家口(わしかぐち)において諸藩兵に敗れて壊滅した。尊王攘夷激派の挙兵のうちで1か月以上も戦闘体制を維持した点がとくに注目される。[高木俊輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天誅組の変の関連キーワード吉村虎太郎十津川郷士生野の変藤本鉄石藤堂高潔水郡長義草莽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天誅組の変の関連情報