コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村貞司 よしむら ていじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村貞司 よしむら-ていじ

1908-1986 昭和時代の評論家。
明治41年9月24日生まれ。雑誌記者をへて戦後は「新婦人」編集長,のち杉野女子大教授。文芸評論のほか日本文化や日本美術,中国美術の評論で知られた。「古仏の微笑と悲しみ」「日本美の特質」などおおくの著作がある。昭和61年1月4日死去。77歳。福岡県出身。早大卒。本名は弥吉三光(やよし-かずみつ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉村貞司の関連キーワード修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)ニーベルンゲンの歌日野富子東山魁夷昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android