コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兼致 よしだ かねむね

1件 の用語解説(吉田兼致の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田兼致 よしだ-かねむね

1458-1499 室町-戦国時代の神道家。
長禄(ちょうろく)2年生まれ。吉田兼倶(かねとも)の子。京都吉田神社の祠官。侍従,神祇権大副(じんぎのごんのたいふ),左兵衛佐となる。父の唯一神道を継承した。明応8年7月24日死去。42歳。京都出身。幼名は彦千代。初名は兼枝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田兼致の関連キーワード久我豊通木幡雅遠卜部兼倶古神道忌部坦斎紀俊連経尋昌地竹翁宗松楊富