コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯一神道 ユイイツシントウ

百科事典マイペディアの解説

唯一神道【ゆいいつしんとう】

吉田神道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆいいつしんとう【唯一神道】

吉田よしだ神道のこと。日本古来の道は神道のみに窮まるとして「唯一」という。唯一宗源神道。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唯一神道
ゆいいつしんとう

吉田神道」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唯一神道
ゆいいつしんとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の唯一神道の言及

【吉田神道】より

…室町時代後期に京都の吉田神社の神官吉田兼俱(かねとも)がおこした神道の一流派。兼俱自身は,元本宗源(げんぽんそうげん)神道,唯一宗源神道,唯一神道などと称したが,一般には吉田神道,卜部(うらべ)神道と呼ばれる。古代に神祇官の亀卜をつかさどった卜部氏は,平安時代には平野・吉田両社の神官となり,鎌倉時代には,《釈日本紀》の著者兼方,《旧事本紀玄義》の著者慈遍をはじめ多くの学者を出し,吉田・平野両流ともに古典研究の家として認められた。…

※「唯一神道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唯一神道の関連キーワード吉田神社(京都市)唯一神道名法要集唯一宗源神道理当心地神道後土御門天皇三部の本書三部神道小寺清先儒家神道卜部兼倶垂加神道妙貞問答卜部兼延十八神道神道伝授吉田兼倶神道大意井上正鉄山崎闇斎吉田兼致

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唯一神道の関連情報