吉田友次(読み)よしだ ゆうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田友次 よしだ-ゆうじ

?-1669 江戸時代前期の俳人。
松永貞徳にまなび,尾張(おわり)(愛知県)の貞門重鎮となる。和歌にもすぐれた。寛文9年死去。尾張出身。通称は六左衛門。号は一醒,一水,無能子。編著に「尾張八百韻」「阿波手(あわで)集」「誹諧藪香物(はいかいやぶのこうのもの)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android